主なお部屋の紹介

奥の間、地下蔵、主屋2階、台所の紹介

1.奥の間

* 奥の間
 奥の間

 熊谷家住宅で最も重要な応接空間です。 中庭に面して八畳の奥の間、六畳、六畳の 三間続きの座敷があり、大名家の役人の接 待や町年寄の寄合など公的な場として使わ れました。

 熊谷家住宅は、享和元年(1801)に建築さ れた後、明治元年(1868)にかけて間取りが 変えられてきましたが、この奥の間は建築 当初のまま現在に至っています。

2.地下蔵

*地下蔵
地下蔵

 居間の床下に設けられた石組の地下蔵で す。火災に備え、耐火金庫のような用途で あったと考えられています。

 平成14年、 建物の保存修理工事中に石積み壁面や溜枡 を発見し、復旧工事を行いました。地下蔵 へは、畳を上げて梯子を使って出入りして いました。

3.主屋2階

*主屋2階
主屋2階

 幕末から明治初年の姿に復原された、十 畳、九畳、八畳、八畳、六畳、六畳からな る広い座敷です。郷宿などに使われたと考 えられています。

 現在は、大正11年に熊谷家に嫁いでき たヒサ子さんの嫁入り道具の展示や特別展 の会場としても活用しています。

4.台所

*台所
台所

 幕末から明治初年の姿に復原された台所。

 →台所の復原Pへ

 主屋から土間続きの台所で、太い梁組の 大空間、大小10基の竈(かまど)、はしり(流し)やはんど(水瓶)、蒸籠やまな板など、 熊谷家の人々の日常の暮らしを身近に感じ られる空間です。

 この台所は、体験学習の場としても使っ ています。

【台所の活用】

◎かまどの日~かまどをつかってゆでたまごをつくろう!主なお部屋の紹介

普段は、くらしの展示をしている台所ですが、
月に一度の『かまどの日』には、
かまどに薪をくべ火を入れます。

  • 毎月第2日曜日 10:00~16:00
  • 1個50円でゆでたまごがつくれます。
  • ゆであがるのに10分程度かかります。
    ※ゆでている間に、館内見学が出来ます 
     たまごは、なくなり次第終了といたします。

かまどの日の様子はこちら
http://kumagaike1.exblog.jp/

◎体験学習

学校行事や親子活動など、かまどを使った体験学習 もおこなっております。

詳しくは →体験学習・見学Pへ

体験学習
体験学習の様子

夏のしつらい、冬のしつらい、華やかな宴のしつらい
07471