代官所地役人 旧河島家 の紹介
熊谷家住宅復元CG 熊谷家住宅の見どころ 家の女たちのブログ 家の女たちのFacebook 共通チケット

代官所地役人 旧河島家 の紹介

代官所地役人 旧河島家 の紹介

河島家の歴史

 河島家は、慶長15年(1610)銀山奉行大久保石見守に召し抱えられ、代々銀山附役人を勤めました。

 6代目三郎右衛門は河島家中興の祖と伝えられています。三郎右衛門は文化5年(1808)に父徳兵衛の跡職相続を許され、切米30俵3人扶持で銀山附役人を申し渡されました。後に銀山附役人のトップである組頭まで昇進し、安政5年(1858)に没しています。8代目基のときに明治維新を迎え、代々続いてきた銀山附役人の勤めは終わりました。

代官所地役人 旧河島家 の紹介

代官所地役人 旧河島家 

 河島家の住まいは、通りに面して門塀を設けています。門をくぐると式台付玄関を備える主屋が正面に見えます。主屋背後にはかつて土蔵、離れ、物置や風呂場などの付属屋もありました。現存する主屋は、寛政12年(1800)の大森町の大火後に再建され、文政8年(1825)までの間に増築されたと推定されます。 

 主屋は平屋建てのように見えますが、土間と納戸の上に二階が設けられていて、接客用の座敷は庭に面しています。 

 この屋敷は、屋敷配置や主屋の間取りなど銀山附役人の屋敷の特長をよく顕していることから、平成5年に大田市指定史跡になりました。

ご利用案内

  • 公開時間 : 9:00~16:30
  • 休館日 : 年末年始
  • 入場料金 : 大人200円、小人100円
             団体大人150円、団体小人50円
  • お問合せ : 0854-89-0932
  • 所在地 : 島根県大田市大森町ハ118番地1
12909